アメリカ生活を左右するファミリー選び!オペアマッチングとは

      2017/09/19

 

大人女性にオススメのファッションSHOP
 ~titivate(ティティベイト)~

 
こんにちは!Lisaです!
 
 
さて、オペアの準備が一通り終わりアプリケーションを完成させたらいよいよ滞在先のホストファミリー選びです!
 
皆さんはどんなファミリーのもとでオペア生活をしたいですか?
 
 

運命の決断!
オペアマッチングとは

マッチング とはアメリカでオペアを募集しているファミリーと、アメリカに留学したいオペアがインターネット上でやりとりをしてそれぞれ希望に合う人を探す期間です。
 
 

それぞれ探すと言っても、オペア側は完全に受け身の体制
ファミリーはオペアが作成したアプリケーションを見て、自分のファミリーに合うかどうか、このオペアにキッズを任せられるかを判断します。
 
気に入ったオペアがいればファミリーからオペアにメールをし、メールでの情報交換やスカイプ面談をしてお互いを知る期間に入ります。
 
 
お互いが「このファミリーにしよう! 」とか、「このオペアに決めよう! 」と意見が合うとマッチング成立となり、後は渡米という流れですね。
 
 

最初に連絡を出すのも、正式なオファーを出すのもかならずファミリー側。

ファミリー側から「うちにオペアとして来てください!」というオファーを受け、自分もこのファミリーで問題ないと思った場合はオペア側からもオファーを受ける意思を示します。
 
 
もちろんこのファミリーは合わないなと思う場合はファミリーからきたオファーに対してオペア側から断ることも可能 です。
 
ただ、エージェントによるかと思いますが私のエージェントの場合、マッチングの期間にオペアが使える拒否権は3回までと決まっていました。
 
 

ダラダラと選んでいるとどんどん新しいオペアのアプリケーションに埋もれてファミリーに探してもらえなくなってしまう可能性もあるので。
この3回の拒否権を上手く使って自分に合うファミリーを探さなくてはなりません。
 
 

気になるオペアマッチングの流れ

 
さてここからはマッチングの流れを説明します。
ファミリーが自分のアプリケーションを気に入ってくれたらメールでコンタクトが来るので、そこからやりとりをしてスカイプ面談 の予定を決めます。
 
 

アメリカと日本とのスカイプなので、時差でどうしてもどちらかが早朝でどちらかが夜になり、時間調整が難しかった覚えがあります。
比較的ファミリーに時間があり、全員が集まっている時間となると夜の方が好まれます。
そうなると日本の私は毎回朝からだったのでいつも早起きしてドキドキ時間を待つのでした。
 
早起きというよりも緊張で前日から眠れないことがあるので、8時からの約束でも朝5時には起きて準備とか練習とかをしていましたね(´∀`;)
 
 

ど緊張!ホストファミリーとのスカイプ面談

 
スカイプ面談では、アプリケーションを見たファミリーから質問されたり、ホストキッズの紹介とかをされます。
 
英語力がないとコミュニケーション自体とることが難しくなるためどんなに第一印象が良くてもオペアとして選んでもらえない可能性も出て来ます。
 
 

いきなり本場の英語で当時そこまで音質の良くなかったスカイプでやりとりをするので、私の場合 思っていた以上に聞き取れませんでした。
(;_;)
 
 

面談をスムーズにするためにも、私は毎回 英語の面談前は英語字幕映画を1本見て英語に耳を慣れさせてから挑むようにしていました。
それでも何度も聞き返すこともあったので英語力面でファミリーに選ばれなかったことも結構あったと思います。
 
 

マッチングを左右する拒否権の使い方!
Lisaのマッチングマイルール!

ファミリーは同時進行で色んなオペアを探しているので、ファミリーによっては今3人のオペアとマッチング中なのよ! と教えてくれる方もいます。

 
そうなるとライバルに勝ち抜くために必死でアピール合戦が繰り広げられますね。
私の場合は完全に受け身の体制だったので、聞かれることに答えたり、要望などについてもとくにありません状態でした。
 
 

というのも、私はオペアマッチングに向けて一つのマイルールを決めていたから。

そのルールというのは、オペアが使える拒否権3回を一切使わないというルール!
 
 
ということは、「うちに来てくれ!」とファミリーから言われた時点で、そのファミリーがどこに住んでいてどんなファミリーでも拒否はしない!ということ。
 
 

なぜ与えられた3回のチャンスを蹴ってまで1組目のファミリーに拘ったのか。

それは専門学校SIBAで先輩たちのマッチングの苦悩を聞いていたことが理由の一つです。

マッチングが長引くとオペアって本当に焦ります。
マッチングの期間も長くて6ヶ月と決まっているので、それまでにファミリーを見つけないといけないし、バイトも辞めてるからなんとしても早く留学に行きたい!
 
 
拒否権を使いながらファミリーを探すとなると、例えば1番最初にオファーを出してくれたファミリーは、自分が希望していた都会に住んではいるが、キッズの年齢が高すぎるからという理由で断ったとします。
 
 
断れるのはあと2回!
次のファミリーはすっごい田舎に住んでいる可能性もありますし、ネイティヴのファミリーではないかもしれません。
 
そうなると、あぁやっぱり1番目の家族にOK出しておけば良かったヽ(;▽;)ノ
と、なりますね。
 
 

もちろん田舎を希望しているオペアはその逆もしかり。
 
 

人間って欲深いものです。
無意識の内にさらに良いものを求めて 無い物ねだりのループに陥ります。
 
 
私は今までたくさんの先輩たちからマッチングで断ると次にさらに良いファミリーに出会える確率は高くないよと言われていたので、1番目にオファーしてくれたファミリーに行くと決めていたのです。
 

もちろん、例えばシングルパパの家族だとかは即決せずに考えていた可能性もありますが。
 
 

とにかく私は早く留学に行きたかったことと、断ってしまったことで後悔しないためにも1番最初にオファーしてくれたファミリーに行く と心に決めてマッチングを始めたのです。
 
 
 

自分の理想のホストファミリーを考えよう!

素敵なオペアライフを送るためにも、マッチングを始める前には事前にどんなファミリーから依頼がきて、どんなファミリーならオファーを受けようか、などある程度決めておいた方がよいかとおもいます。

ファミリーについて
• 何人家族で子どもは何歳児くらいが自分に向いているのか
• 家族の宗教(週末の拘束、食べるものの制限)
• 日本語が話せるのか全く話せないのか
• 家族がオペアに求めるもの(料理スキルや勉強を教えるレベル)
• ネイティブアメリカンが良いのか(アメリカは多人種なのでインド系、アジア系たくさんのファミリーから依頼があります。もちろんそれぞれ英語の訛りもあります。)
ファミリーの生活環境について
• 田舎か都会(周りに遊べる環境があるのか)
• 車以外の交通機関
• オペアの部屋はどんな部屋か(クローゼットくらい狭いところもある)

などなど。

他にも「ここだけは拘りたい!」という項目ってそれぞれあると思います。
あとで後悔しないためにも必ず自分の拘りを明確にしていた方が良いかと思います。
もちろん拘りすぎるとそれだけ家族の幅も狭まるのでご注意を。

オペアファミリーの宗教について

上であげた項目の中から一つお話ししたいこと、それは宗教について。
 
もちろん信仰は家族それぞれ素晴らしいことでオペアにも強制されるものでもありません。
ですが、家族によっては日曜日の礼拝に一緒について来てもらったり宗教によっては終日家族が火を使えない祝日があったりといろいろなものがあります。
 
 
どうしても仏教で教会に行くのが無理!という人を除いてそれも良い経験になるのですが、毎週日曜日が潰れたり、教会ではみんなで歌を歌ったり、話をさせられたりするところもあるので、ファミリーの宗教を聞いて調べてみることもお勧めします。
 
 
実際に直接「宗教やってる?」と聞きづらいこともあると思うのですが、オペアアプリケーションのファミリーのページには家族のプロフィールがあり、そこに宗教の有無も記載があるので連絡が来た時点で確認しておくと良いかと思います。
 
 

私はアメリカで何度かミサ?というものに参加しましたがみんなで歌って踊ってみんな友達ハグしよう!という独特の空気感が少し馴染めませんでした。
協会によっては神父様のお話を聞くだけのところもあるようですが。

 
 
友人オペアは家族がある宗教を信仰していて、その宗教は1年に1回ほど電気をつけたり火を使うことを禁止する日があるようで。
その日一日中オペアは家族の後ろをあるいて電気をつけてあげたり消してあげたり家族全員の世話をおねがいされたようです。
 
 
もちろんその日の給料はもらえたようなのですが。。
それも聞いていないとビックリしますよね。
もちろん日本ではなかなか体験できない良い異文化体験にはなりますけどね。
 
 

他にも食事に制限があり、一切お肉を食べな家族もいると思うので、異文化交流のためにも家族と仲良くなるためにも家族のプロフィールを確認後は宗教についても調べてみてくださいね!
 
 
宗教の他にもベジタリアンや子どもの障害を隠されていた!とかマッチングの時に嘘をつかれていたことであとで揉め事に発展したオペアも何人か知っています。
 
 

マッチングで後悔しないためにも聞きたいことは必ず確認することを忘れないでくださいね!聞きづらいな、こんなこと聞いていいのかなと思うのは日本人くらいです。
自分のためにも気になることはなんでも質問してみましょう。
 
 
 

後悔しないために!
オペアマッチングまとめ!

 
いかがでしたか?
今回はマッチングについての記事でした。
 

後悔しないためにも、私のように拒否権を拒否するマイルールを決めておいたり、ここだけは譲れないという拘りを持っておきましょう!
 
以上!マッチングについてでした。
次回のブログでは、私のマッチング期間中のお話をしたいと思います。
 
 

なにか質問などあればお気軽にコメントまたはメッセージ下さいね

 
 

英語を学びたいあなたへ italki

 
 

 - オペア留学準備