【名言集】私はラブ・リーガル!海外ドラマで学ぶ英会話

      2018/01/08

こんにちはLisaです!
 
今日は私の大好きな海外ドラマ「私はラブ・リーガル」の名言集を!
 
 
 

映画で学ぶ英会話!
「私はラブ・リーガル」あらすじ

 
美人でモデル志望のデビーはある日モデルの面接会場へと道を急いでいた。運転中よそ見をした彼女はトレーラーとぶつかり事故死してしまう。自分の美貌に自信があり、なんでもワガママを通して来た彼女は天国へ行ってからも やりたい放題!守護天使の言葉も聞かず勝手に彼のコンピュータをいじって人間界へ。
 
 
一方、ぽっちゃり体型で自分に自信がない弁護士ジェーンもまた命の危機に立たされていた。
銃で撃たれ、病院で治療を受けているジェーンの身体になんと、デビーの魂が!!
 
ジェーンの魂はどこへやら。
生きていた頃はモデルを目指していたデビーは乗り移ったジェーンの体を見てビックリ!!
 
 

こんなの私じゃない!

 

ちょっぴりおバカで自己チューなデビーは弁護士ジェーンになりきれるのか!
 

1話見るとやめられない シーズン5まで続く大人気ドラマです♪
 
 
 

映画で学ぶ英会話!
日常会話で使える名言集!

 
 


please ask me something.
Something a smart person would know.
 
何か私に質問して!
頭の良い人が知ってそうなこと!

 
ジェーンに乗り移ったデビーの魂が、ジェーンの知能だけ引き継いだことを知った時の言葉。
 
 


You have no idea what it is like to lose someone you love.
 
君には愛する人を失った人の気持ちが分からないんだね。

 
同僚弁護士キムがクライアントから言われた言葉。
 
 


Not to feel his loss.
And that is not who he is.
 
悲しみから目を背けたら彼は彼で無くなってしまう。

 
大切な妻を無くしてしまったクライアントにジェーンが伝えた言葉。
 
 


How much do you think you’re worth?
Because if you don’t think you’re worth much, why should he?
 
あなたにどのくらいの価値があると思う?
まず自分で自分の価値を認めないと彼にだって分からないわ。

 
モラハラ旦那に離婚を言い渡されたクライアントにジェーンが伝えた言葉。
 
worth は「価値」
 
映画や日常会話でもよく耳にします。

 
 

Would you date with me?

-僕とデートしないかい?
 
What is worth?
-それになんの価値があるのよ?
 
 


She gave me something to look forward to at the end of eachday.
 
彼女は僕に生きる歓びをくれた。

 
愛するデビーを事故で亡くした彼氏がお葬式で述べた言葉。
 
Im looking forward to〜 で、「〜を楽しみにしています」という意味になるので、日常会話では かなり耳にすると思います。
 
 
友人と約束をした日には毎回コレ!
 
Im looking forward to see you on this weekend!
-週末アナタに会えるのが楽しみだわ!
テンプレとして覚えましょう!
 
 


I just wanna say that it’s never too late to do it all over again.
You know, to do things differently.
 
これだけは言わせて、人生はいつからだってやり直せる。
次は躓かずに歩ける!

 
ジェーンがクライアントへ伝えた言葉。
 
to do things differently 自体は「違ったことを行う」と訳されますが、この前のシーンでクライアントが
 
「こんなところで人生に躓いてしまった
 
的なことを言っていたので「次は躓かない」と訳すのが自然です(・∀・)
 
 
もちろん人によっては「違う未来が待ってる」や、「次は転ぶなよ」と訳す人もいるかもしれません。
 
英語のニュアンスって難しいですよね!

 
 


I’ve never been good at math but something like eleventy-billion to one.
 
数学の成績はずっと悪かったけど、これって百億兆万分の一の確率じゃない?

 
百億兆万分の一!!
 
 
すごい数字ですが、これを聞いたデビーの同僚は
That’s not a real number.
-なにその数字!

 
と呆れていたので、すごく珍しいことを表す際に使って見るのはいかがでしょうか?
 
 
周りから総ツッコミを食らうと思います
 
とてつもなくでかい数字を使うときは
eleventy-billion を使いましょう!
 
 


I wanna stab her with her Jimmy Choo.
 
ジミーチュウのヒールで突き刺してやる。

 
ジミーチュウは有名なヒールブランド。
 
 
stabは突き刺す。
 
イケ好かない同僚に好きな男性と案件を奪われた時のジェーンのセリフ。
 
その言葉を聞いた後、ジェーンのアシスタントもGet in line.

「私も混ぜて!」と言っているので 同僚の嫌われ具合がよく分かります。
 
突き刺したいほどムカつく相手に言いましょう。
 
 
ちなみにGet in lineは、
「列に加わる」「あなたの次は私!」
という意味になるので こちらも可愛い表現ですね。

 
 


I don’t know if I can just pretend not to know what I know.
 
知ってるのに知らないふりをするなんて 私にはとても無理。

 
シリーズ1の最終回、ジェーンのセリフ。
 
弁護士としての地位を守るか、自分の正義感を優先するか。

 
 
 
引用元:「私はラブ・リーガル」シーズン1
 
 
 

映画で学ぶ英会話!まとめ

 
いかがでしたか?
 
法律関係で少し難しい英語も出て来ますが、英語の勉強にも持ってこいのドラマだと思います!

 
まだまだ全ての名言は出し切っていないので またの機会に更新していこうと思います♪

 
 



 - 映画・海外ドラマで学ぶ英会話!