オペア留学中の気になるお給料と生活費用のアレコレ!

      2017/09/19

 

英語を学びたいあなたへ italki

 
こんにちはLisaです。
今日はオペア生活の極意!
みんな気になるマネーや生活に関する必要雑費について!
 
 

みんな気になるオペアのお給料!

 
オペアの準備段階の記事でもご説明しましたが、オペアが貰えるお給料は週に45時間働いて大体200ドル(変動ありで大体2万円みたいなもん)
 
 

気にはなっても、時給計算はしないことをオススメします!
 
 

オペアは生活にかかる雑費や食費、学費の一部までホストファミリーに負担してもらえるので、そう考えると本当にラッキーですよね!
 
時給計算なんて自分のヤル気の為にも絶対NG!
留学中にお給料貰えるだけありがたいんですから!笑
 
 
ファミリーが全額負担と言っても、一体どこからどこまでなのか気になりますよね。
各家庭によっても異なる可能性もありますが、今回はLisaファミリーの生活雑費をその他諸々全部話していきますね!
 

 

気になるあれやこれ!
オペア留学中の生活用品!

 
 
トイレットペーパーや入浴用品
 

私の場合、ホストママが週に一度大型スーパーに食品などの調達に行くのでその際にトイレットペーパーや歯磨き粉、シャンプーリンスなどの必需品も買い足してもらっていました。
 
 

私が頼むというよりは、ママが定期的に大量に買い込んでトイレ前に補充するのでそこから拝借して使っていました。
 
 

 

女の子だからこそ!頼みづらい月に一度の必需品!

 
ただ、女の子にとって大切な生理用品!
これは頼みづらいしファミリーも購入しにくいですよね。笑
 
 

最初のうちは
「どんなのが良いか言って!」とか
「勝手に買ってきたよ!これで大丈夫?」
と勝手に補充されてましたが、さすがにホストママに向かって

私は羽つき嫌なので次回から羽なしで
なんてお願い出来ませんよね。笑
 
 
 

なので生理用品に関しては渡米からすぐに自分で購入するようになりました。
 
 

しかも私はアメリカンサイズがどうしても苦手だったので、少し値段は張りますが日本食スーパーなどで日本ものを購入していました。
さらに一時帰国の際に買い込こんでスーツケースに詰める!笑
 
 

アメリカの生理用品はすっごく種類が多いので、ドラックストアだけでなく普通のスーパーの棚にも終わりが見えないほど並んでいました。
 
 

毎月違うものを買って、自分に合うものを見つけてみましょう!
 
 
 

留学中の薬や医療費

 
私はよく風邪をひく方なので毎回風邪の症状を感じたら早めに薬を飲んで対処します。
 
 
オペアの場合、私が風邪や病気でダウンしてしまうと、ホストママやパパに大変迷惑をかけてしまいます。
 
 
オペアが休んでいる間、他の人に子供のケアを任せなくてはいけなくなってしまうので、体調管理だけは徹底していました。
 
 
 

やはり最初の頃はアメリカの薬を飲むのが怖かったので日本から愛用のジキニンコンタック などを持ち込むか、母から郵送で送ってもらっていました。
 
 

でもそれにもすごくお金がかかるしアメリカで日本の薬なんて本当に高すぎて毎回飲んでられない(;o;)

 
 
それで家に置いてあったママのオススメする薬を飲んでみたら、
 
これがビックリするくらい効く!!
 
 
 
風邪なんて引いてましたっけ?ってくらい体調が良くなって、むしろ元気になるくらい!
 
 
一体何が入っていたのでしょう!笑
 
たぶんアメリカ人の体型に合わせると成分が強めなのかな。
 
 

もちろん、アメリカの強目の薬に慣れてしまうのは怖かったので、あまり無闇に服用するのではなく、ここぞという時に飲むようにはしていました。
 
 
 


アメリカの薬は日本製のものより成分が多かったり入っているものも異なります。
アレルギー反応を起こす可能性もあるので、飲む前にはしっかりと用法用量を守ってくださいね!
 
 
 
 
薬に関してもアメリカ製のものに慣れてからは、ママが定期的に薬箱に補充するものを貰っていたのでファミリー負担になりました。
 
 
 

みんな気になる!
留学中の医療費にかかる保険のアレコレ

 
オペアは渡米が決まってからすぐにエージェントで用意された保険に加入します。
 
 

その海外渡航用の保険で医療費を何割か負担してくれるので、まずは医療にかかる際にはエリアディレクターに相談、英語で難しい場合には、日本にいるエージェントの担当の方に連絡してください。
 
 

ただ、病気によっては医療費として負担されない可能性もあります。
 
有名なのは歯科!
虫歯は本当に厄介です!
 
 


渡米前に完治させることはもちろんですが、出来れば親知らずなどもすべて抜いて行くことをオススメします!
 
 

今は痛くなくても留学中に痛み出し、抜いてもらうとなると本当に高額な医療費になってしまいます。
 
 

アメリカは親知らず一本抜くのにも全身麻酔を使ったりするので、麻酔代や治療費が半端ない。
 
 
私の友達は日本から同じエージェントで留学していたのですが、留学中に親知らずが痛み出してしまい大変なことに( ´Д`)
 
 
最初の頃は痛み止めで耐えていた彼女もこれは我慢できないとエリアマネージャーに相談。
 
 
保険会社に確認してみると、
虫歯の場合は、自己責任ということで保険適応!!
親知らずの場合は防ぎきれない病気ということで保険適応!!
 
 
なのですが、、、
彼女の場合は、その親知らずにできた虫歯が原因で痛みが生じていたので残念ながら保険は適応されませんでした。
 
 
その医療費がなんとまぁ高額で、日本に帰るのと同じくらいの費用がかかることがわかったのです。(;o;)
 
 
そんな料金を払ってアメリカで治療をするよりはと、彼女は日本に帰っての治療を選びました。
日本の家族や友人とも会えるしね!
 
 
里帰りついでに日本で親知らずを抜いてもらって帰ってきていました。
 
 

どこからどこまでが保険適応なのか、エージェントや加入する保険によっても異なるので渡米前に確認しましょう。
 
 

さらに診察やレントゲンのみでも2万円ほどかかりますからアメリカでの治療は考え物ですね。(;ω;)
 
 

皆さんもアメリカの医者にかかる際には要注意です!
 
 
 

バスタイム天国!
アメリカンなお気に入りを見つけよう!

 

シャンプー、リンス、ボディーソープ
女の子ならこちらも気になると思います。
 
私の場合はトイレットペーパーなどと同じで最初はママが買ってくるものを無くなったら補充するといった感じで使っていたのですが、アメリカのシャンプーリンスって本当ビックリするほど匂いがきつい!!
 
 

私のうちはココナッツの香りだったのですが、シャンプー後にご飯はきついほど。
 
ぷ〜ん(´・ω・`)ぷ〜ん
 
 

枕やシーツにも思いっきり匂いが残るので、友達の家に泊まった後には、「Lisaが帰ってからも、私の部屋にずっとLisaの匂いが残ってる!」と言われることもよく有りました。
 
 

ただ私はアメリカのシャンプーを使ってから髪がキシキシというか、質が固く変わった気がしていたので 日本のにいた時に使用していたシャンプーをどうしても使いたくなってしまいました。
 
 

それが美容院で販売されているもので、シャンプーリンス2つで6千円!(;ω;)
 
 

オペアの私には本当に辛い金額だったのですが、日本に一時帰国した際に必ず購入してアメリカに持ち込んでいました。

 
美容院のシャンプーを使っていると周りの友達や美容師さんからほんと褒められるんです!
 
 
私の場合、気に入っているシャンプーがあったことと、アメリカの匂いに耐えられなかったことで日本製のものを愛用していましたが、アメリカの匂い大好きって人には向こうのシャンプーオススメですよ♪
 
 
 
 

留学中の携帯やスマホ!

 
今の時代、携帯やスマホがないと生きていけない!なんて方も多いのではないのでしょうか。
 
 
オペア留学中は、ホストファミリーによって携帯を準備してくれるところとしてくれないところがあります。
 
 
私の周りでは携帯がない子や、携帯を自分で契約した子は居なかったので、ほとんどのファミリーがオペアのための携帯を用意してくれると思います。
 
 
子どもに何かあったときにすぐに連絡出来ないといけないので義務でなくても用意するファミリーが多いようです。

 
 
ただ、私が留学したころはまだそこまでスマホが普及して居たわけではなく、私も留学前の日本ではまだガラケーを使っていました。
 
想像出来ないかもしれませせんが、まだLINEなんかもないころ。
 
 

アメリカに着いてからすぐにママから「これLisaの携帯だよ」と小さなアメリカンなガラケーをもらいました。
 
 

洋画でよく見るような手のひらに収まるほどの小さなガラケー!
 
 

ママとのテキスト(メッセージみたいなもの)や保育所からの連絡手段として使用。
もちろん友達にも番号を教えあってプライベートでもそのガラゲーを使っていました。
 
 

LINEも無い頃なので日本の家族や友達とは日本から持ってきたパソコンでメールやフェイスブック、Skypeを使って連絡を取り合っていたので何も問題ありませんでした。
 
 

しかし、文明が進むにつれて友人オペアの子達が続々とスマホを持つようになりました。
 
 
彼女も私と同じようにガラケーをファミリーから持たされていたのですが、携帯の契約更新の時期にファミリーの方からスマホにしないかと提案されたようなのです。
なんて良いファミリー♡
 
 

スマホの場合は契約料などが少し高いので、その分は毎月の給料から差し引くと行った取り決めでした。
 
 

それを聞いた私も早速ママに相談!
即答で契約更新時にiphoneを購入してくれました。
 
 

給料から毎月引かれるのも10ドル以下だったので、それでスマホを持てるなら安いもんでした。
 
 
今時はスマホが主流なので、最初からスマホを用意してくれているファミリーもいるかもしれませんが、皆さんももし連絡用のみの小さなガラケーだった場合はスマホを提案してみてはいかがでしょうか。
 
 
あと、日本で使わなくなったスマホをwifi接続用として持ってきているオペアさんもいたので、皆さんもアメリカ渡米前には今使っているスマホを保持しておくことをお勧めします!
 
 
 
 

特殊!
オペア専用財布!

 
日常で使用する様々な生活用品は上で説明したように そのほとんどをファミリーが負担してくれていました。
 
 
それにプラス、うちは少し珍しいのですがオペアの私が自由に使うことのできる共有の財布 がありました。
 
 
自由に使えると言っても高額なものではなく日々の食品などの買い足し用でした。
 
 
ママが忙しいため朝昼晩全ての食事を私が用意していたので、何か足りない時のために小銭入れのような小さな財布に毎週20ドルから40ドルくらいママが補充し、そこから足りなくなった卵や牛乳などの買い物をしていた感じです。
 
 

オペアにはお金の管理をさせない家庭も多いので少額とはいえ、レシートの提出も求めないママには本当に信用されているなと感じました。
 
 

そのお財布からはたまに牛乳やお肉を買いに行くくらいで、そのほかの必需品は切れる前にママが必ず買いだめをしていたので困ることはありませんでした。
 
 
 

オペア留学中
気になるお金のあれこれ まとめ!

さて、色々と生活に必要なお金事情をお話ししましたが、海外での生活を想像することができましたか?
 
 
 
他にも気になることがあれば気軽にコメントやメッセージくださいね!
 
 
 
以上、オペアに関するお金のアレコレでした!
\\\\٩( ‘ω’ )و ////

 
 
 
 

留学なら格安セブ島ガチ留学

 
 
 
 

 - オペア留学生活