危険ドラッグに要注意!そのお酒本当に大丈夫?

   

こんにちはLisaです!
今日は怖〜〜いお話を。
 
皆さんはバーやクラブで知らない人にお酒を奢ってもらったことはありますか?
 
日本でももちろん危険な行為ですが、映画やドラマでも目にする よくある光景ですよね。
 
ただ、海外ではもう少し慎重に考えたほうが良いかもしれません。
 
 
 

wwydでも取り上げた!
アメリカの社会問題 Roofie とは

 
ハマる海外番組のカテゴリーでも紹介したABC放送の
What would you do?」という番組をご存知ですか?
 
アメリカで大人気の社会派のドッキリ番組です。
 

■子どもに泥棒をさせている親を目撃したらアナタならどうする?

■店員の人種差別を目撃したらアナタならどうする?

■DV男に暴言を吐かれている女性を目撃したらアナタなら。。。
 
 
と本当に日本では実験できないようなドッキリをたくさん行なっている番組なんです。
 
毎回すごくシリアスで、ほんわかした日本の番組「モニタリング」などとは違い、一般人のお顔にモザイクが入ることもあるくらい真剣な番組です。
 
その番組でも以前何度か取り扱っていたのもこちらの問題。
 
sexpill やdrugと呼ばれる薬をお酒の中に入れ、寝てしまったり悪酔いして具合の悪くなってしまった女性を連れ帰るというもの。
 
 

番組では仕掛け人の男性が口説いている女性のグラスにカプセルを割り粉末状になった薬を入れるというもので、もちろん女性も仕掛け人。

 
 
お酒に薬を入れる瞬間を見てしまった一般の人たちは見ず知らずの女性を助けるのかというテーマです。
 
もちろんその瞬間を目撃してしまった人たちは男性に注意したり、警察を呼んだり女性を助けるために立ち上がります。
 
 
アメリカのABC放送が何度か取り上げるくらいですから社会問題として取り扱う必要があるのでしょう。
 
wwydで取り上げた動画が気になる方はこちらの記事をご覧ください
 
もしも女の子のお酒に薬を混ぜている男がいたら
 
 
 

自分には関係ない?
アメリカのドラッグやマリファナ問題!

 
専門学校時代、よくオペア担当のネイティブ講師からも注意されていて、

いくら気をつけていても危ない男性がバーの店員にお金を払い、自分で購入したお酒にさえ危ない薬を入れられてしまう可能性もあるよ

と言われていました。
 
 
ただ、先生から何度も注意されていてもさすがに自分とは関係のない話だろうとか、どこか遠い世界、映画の中の話みたいで現実味を帯びていないのも確かでした。
 
でも実際アメリカに来てみるとクラブのテーブルの端で紙にクルクルと何かを巻いて吸っているのを見かけたり、
 
マイアミに旅行に行った時には
「君たちお茶しなーい?」
ではなく、
ねぇねぇ君たちマリファナ吸わない?
がナンパの決まり文句でした。
 
 
冗談とかではなく本当に!
ニューヨークではもちろんマリファナは禁止された薬物ですが、州によって条例や罰則が異なるんですね。
 
 
だから南国や南の方に近づくにつれ、そう言った単語をよく耳にするようになります。
 

ただ、薬とは違いますが気をつけなくてはと少しヒヤリとした話を。
 
 
 

もらったお酒が激マズ!
薬盛られた疑惑?!

 
そんな訳で、日本にいる頃とは違い遊びに出かける時も少しは用心するようになっていた私。
 
それでも気の置けない友人たちとのパーティでは少しばかり警戒心も緩んでしまいます
 
 
アメリカにいる時はほぼ毎週末友達とクラブに行ったりイベントに行ったりホームパーティを開いて楽しんでいたのですが、オペアの子と共通の友人学生の合同誕生日会を開いた時のお話。
 
 
アメリカではよくあるパーティで、オペアの子がオペア仲間をあつめ、学生の友人が語学学校の友人をそれぞれ集めるのでパーティは大人数!
 
人数的に、バーを貸し切ってパーティーをしていたのでバーにいる人は全員友人の友人。
 
完全に安心しきっていたので、オペアの友人と話していた時に入ってきた男性2人に「ドリンクを取ってきてあげる! 」と言われお願いしてしまいました。
 
初対面ではあるもののバースデーボーイの友人でしたし完全に油断していたところ、男性2人が持ってきたドリンクに
一口くちをつけビックリ!!
 
友人と2人で固まってしまいました。
 
 

ビーー〜ー〜〜ックリするくらいまずい!

 
「え!!何入れたの!このお酒何!?」
と聞くも
 
「ラム&コークだよ」との返答。
どう考えてもラム&コークの味じゃないし めちゃくちゃまずい。
 
 
「何入れたか言わないとバーテンに聞きに行く」
と問い詰めると
「店員にお願いしてお酒を6種類くらい混ぜてもらった」と白状しました。
 
ヽ(´Д`;)ノ
 
 
2人にお酒を飲ませると「オエッ」という顔をして退散していきました。
 
本当に薬を入れられなくて良かったものの、まさかお酒のミックスを飲まされるとは思っていなかったので衝撃でした。
 
アメリカのバーやクラブはお酒と割るもの(コーラとかソーダ)を伝えれば店員さんはなんでも作ってくれます。
 
それを利用して女の子たちにミックスを飲ましまくってたんでしょうね。
 
 
 

まとめ

 
変なお酒を飲まされたものの、すぐに気づくことができて良かったです。
 
皆さんもクラブやバーなどでお酒を飲む時は本当に気をつけてくださいね!
 
 




 

 - アメリカ留学生活!, 留学中の危機!NY事件簿!