オペアの一日の仕事と残業代!タイムスケジュール!

      2017/12/09

 

 
 
こんにちは。Lisaです!
今日はオペアの1日のスケジュールについてお話します。
 
私のファミリーに関しては少し周りのオペアとは違う環境なので、参考にならない可能性もありますが。
 
 

特殊!
Lisaのオペアファミリー

 
以前他の記事にも記載しておりますが、私のファミリーは日本人。
ママはシングルマザーでアメリカで一人、子育てを頑張るキャリアウーマンです。
 
ホストキッズはアメリカ生まれアメリカ育ちの日本人。
男の子と女の子の双子ちゃん!
 
私がオペアを担当していたのは ホストキッズが2歳半〜5歳まで2年半ほど。
 
ホストキッズはアメリカ育ちということもあり、純日本人でありながら日本語を全く話せない状態。
いつか日本に帰る可能性も考えホストママは日本語を教えることができる日本人オペアを希望していました。
 
アメリカで1人シングルで子どもたちを育てるホストママの仕事は忙しく、仕事を終えて帰宅するのは深夜になることも。
 
 
なので私の保育時間は朝からママの帰宅の時間まで。
 
友人やホストキッズの通う保育園の先生たちには
「ホストママがパパ役で、Lisaがママ役だね」と言われ「Lisaマミー」と呼ばれるほどでした。
 
 
 

オペアタイムスケジュール

 
私のホストキッズたちは朝8時から夕方3時まで保育所に通っていたので
私はホストキッズが起きてから学校へ行くまでの朝6時~8時まで一旦働き、キッズが保育所に行っている間は7時間の自由時間。
 
そしてまた夕方3時からママの帰宅時間まで仕事という飛び飛びの時間帯で働いていました。
 
平日はホストキッズが保育園に行くので、どうしても朝8時から夕方3時までは私の自由時間が入ってしまいます。
 
私以外のほとんどのオペアは、間が空くことなく朝から夕方までぶっ通しで働くことが普通だったので、私のスケジュールをみんなに話すと うらやましがる人と中途半端で嫌だねという人半々でした。
 
私はぶっ通しで8時間働くよりも間に自由時間が入る方が、日中好きなことができるしお昼寝できるし楽だと思っていました。
 
 
とりあえず私のタイムスケジュールを。
 
 

Lisaタイムスケジュール
6:00 朝食準備
7:00 キッズを起こして朝食、学校の準備
8:00 キッズと登園
8:00
| Lisa自由時間
15:00
15:00 キッズお迎え、そのまま公園へ
16:00
|         キッズおやつ、室内遊び(Lisa夕食作り)
18:00
18:00 ママの帰宅に合わせて夕食
19:00 キッズお風呂、就寝前絵本
20:00 キッズ寝かしつけ

 
 
ホストママはいつも朝から忙しく、朝食を食べずに家を出ることも多々有り。
 
ホストキッズが朝起きてから夜眠るまでママがいないなんてこともよくあり、当時3歳の子どもたちは本当によく我慢していたと思います。
 
 
上の表は平日のタイムスケジュールになりますが、さらに週末にも仕事を頼まれることがよくありました。
 
週末はホストキッズの学校がないので、朝からママの用事が終わるまでの間か、終日仕事になることもありました。
 
ママがシングルのため、「週末、一緒に動物園に連れて行って欲しい」とか「買い物に付き合って欲しい」と家族でお出かけする時間も就業時間になりました。
 
平日から週末までガッツリ仕事が入るので私の友達には「働き過ぎ!」「私たちと遊ぶ時間ないじゃん!」と言われてしまうほどでした。
(´・ω・`)
 

【LadyWay】


オペアの残業と気になる残業代について

 
友達にも働きすぎと言われるほど、ほとんど毎日仕事をしていた私。
他の友人オペアはと言うと、ほとんどがホストママとパパが帰宅後に仕事終了
 
なので、ファミリーと食べる夕食を作るのもホストペアレントの仕事。
オペアはファミリーが準備してくれたご飯を家族団欒として一緒に食べます。
その時間は仕事には含まれていないので、もちろん仕事終了と同時に部屋に行ってもいいし、夕食は友人と外食しても問題ありません。
 
 
ところが私Lisaの場合、基本ホストキッズを寝かしつけるまでが仕事
 
1週間のうち、子どもたちがホストママとご飯を食べれるのが週末だけということも多々ありました。
 
ただ、ママの帰宅が早いときは「ご飯からあとは私がやるからLisaは休んで」と言われることもあるし、「今日はちょっと疲れてるから寝るまでお願いできるかな」と言われることもありました。
 
なのでいつも私の仕事が終わる時間は様々で、ママが残業の時は夜12時を過ぎることも。
 
もちろんママの帰宅を待たずに私も眠ります。
当時3歳のホストキッズは夜泣きもよくあり、その度に起こされることもしょっちゅうでした。
 
オペアの基本的な就労時間が週に45時間なのに対して、私の就業時間は週に50時間から多い時で60時間を超える時もありました。
 
私の場合は、毎日仕事後に今日は何時から何時まで働いたというのをメモに書いて、週の終わりにママに提出。
そこからママが残業代含めた給料を封筒に入れて私に支払うというシステムだったので、残業代が支払われないということは一切ありませんでした。
 
 
ところが、実はきっちりと残業代まで払ってくれるホストファミリーは意外と少ないと後から知りました。
週末まで子どものケアを手伝ったりするとどこからが仕事でどこからが家族のコミュニケーションなのかわからなくなるんですよね。
 
 
家族に誘われて外食に行くとか、家で子どもと遊ぶとか。
その延長で気づいたら子どもをお風呂に入れていたり、絵本の読み聞かせをしていたり。
 
 
あれ?これって仕事なんじゃ・・・
 
 
でも実際その分の時給を請求するのってなかなかずうずうしいというか、言いずらいですよね。
 
どのファミリーも最初はちゃんと言ってくるらしいのです。
今週の仕事時間オーバーするけどちゃんと残業代払うから働いてくれない?」って。
でも実際週の終わりに給料を見ても残業代が含まれていない
 
普段から食費や雑費もろもろ支払ってもらってる身としてはまぁ1,2時間くらいいっか。
って思っちゃうんですよね。
 
それで残業代もらえないオペアの子とか結構いました。
 
 
私のホストママは初めから残業が増えることを見越して就業時間のメモ書きを私に提案してくれていたので、未払いは一度もなく、本当に良いファミリーに恵まれたなとおもいました。
 
でも理想はやはり残業せずに週45時間に抑えること!
ホストキッズにとってもオペアといるより親といる時間が長い方がいいに決まってる!
 
 
ホストキッズの躾やママとの時間について話し合った記事はこちら。
躾ができないママとの衝突!
 
 

さらに、ホストキッズが成長するにつれホストママの要求がエスカレートした記事はこちらを。
スパルタママ!オペアへの過激な要望!
 
Lisaのタイムスケジュールが変化します。
 
 
 

オペアの働き方について
ファミリーとしっかり話し合ってみよう!

 
さぁLisaのタイムスケジュールはいかがでしたか?
少しでもオペアとして働くことのイメージが掴めればと思います。
 
そして皆さんも、仕事をオーバーするときはどうするのか、初めのうちにしっかりとホストファミリーと話し合うことをお勧めします。
話し合ったのにもかかわらず、何度もオーバーワークが発生・未払いがある場合には必ずエリアディレクターに相談を!
エリアディレクター記事
 
 
以上、参考になるのか微妙な、特殊すぎるタイムスケジュールでした。
でも逆に、こんな働き方もあると知っていただけるとあなたのオペアライフにも何かお応用できることがあるかもしれませんね!
 
なにか質問などあればお気軽にコメントまたはメッセージ下さいね
 
 

【1日たった7分】でラクラク英語学習♪

 
 

 - オペア留学生活