日本語字幕:白人女性がアジア人に差別的発言!アメリカ版モニタリング!

      2017/12/19


 
 


What Would You Do?(WWYD)
〜こんなときアナタならどうする?〜

WWYDはアメリカのABC Newsが製作する「モニタリング」のようなドッキリ番組です。ただ、「モニタリング」や日本のドッキリ番組と違うのは、内容がかなり過激な社会派問題を取り扱っているというところ!

差別や宗教、DV、貧困、男女間トラブルに子どもの躾!
アメリカの社会問題が身近で起こったら 周りの人々はどのような行動を起こすのか。隠しカメラで一般人のリアクションを楽しむ番組です。

面白い内容から少しダークな問題まで取り扱うこの番組!
私も留学中は毎日のように見て興奮していたのを覚えています!笑

トラブル間でしか使わない英単語やもしもの時に使えるフレーズなどもあるのでぜひ参考にしてみてくださいね!

 
 
 

titivate(ティティベイト)公式サイト

 

 
 
 
 

WWYD?
もしも、白人女性がアジア人に差別的発言をしていたら

 
今回のモニタリングは、アジアンアメリカンに対する差別について!
 

仕掛け人
・ネイリストのアジア人女性
・差別的発言をするアメリカ人女性

 
 
アメリカにはたくさんのアジア人が住んでいて、その偏見に対する反対運動などが激化しています。
 
 
レストランなどではアジア人を示す差別的な用語がレシートに記されているなど アジア人に対する差別が社会問題となっています。
 
 
もしも、リラックスできるはずのネイルサロンでそんな差別的発言に出くわしてしまったら。
 
そんなとき、アナタならどうしますか?

 
 

ここから先はネタバレになるので動画を見てから読んでくださいね! !

 
 
 
 

修羅場!?
ターゲットの方々の反応!

 

1組目のターゲット
店内のお客さん全員で総攻撃!

最初のモニタリングで反応したのは仕掛け人の両サイドでフットマッサージを受けるお客様とテーブル席でネイルをしているお客様。
 
 
仕掛け人はフットマッサージを受けながら友人に電話をして愚痴るという設定。
 
仕掛け人が電話相手に差別的発言をし始めると店内にいるターゲット達はすぐに驚いた顔で周囲を見渡していました。
 
 
差別的発言の内容はこちら。

・担当のネイリストは英語を話せないマヌケ。
・英語も学ばずに一生他人の足を掃除するなんて想像できない。
・どうせ英語が分からないんだから何を言ったって理解出来ない。

 
 

フットマッサージを受ける両サイドの女性客2名は目を合わせて信じられないという表情で、少しの間我慢していました。
 
 
それでも差別的発言をやめない仕掛け人に対し、2人とも我慢の限界!
ここの店員は皆んな良い人だわ。
不快だから辞めてくださる?
 
 
テーブル席の女性も一緒になって
嫌なら出ていきなさい」と一蹴。
 
 
仕掛け人と分かっていてもあのバカにしたような話し方!
こっちまでムカーー!!っとしちゃいますね。笑
 
 
差別的発言をする女性はアジア人は英語を理解していないから何を言っても大丈夫 と最後までひどい発言を繰り返していました。
 
 
ここで私の一番好きなシーン!!!
仕掛け人のアジア人女性は英語が話せないという設定で差別的な発言をあえて無視して仕事を続けていました。
ところが実はこの仕掛け人!
英語ペラペラの役者さん!!!!
 
 
最後に庇ってくれたターゲットの皆さんに英語で感謝の気持ちを伝えた時の皆さんの反応!!!
 
本当にびっくりしていて最高の反応でした。
コメント欄でもこのシーンを絶賛するやりとりで盛り上がっていましたよ。
 
 
 

2人組のターゲット
涙ながらに差別的発言を批判!

仕掛け人の右側に座るターゲットの女性は差別的発言が始まるとすぐに「不適切だ」と辞めるように声をかけました。
 
 
相当ショックを受けたのか指摘した後すぐに隠れて涙をぬぐいます。
 
 
さらに差別的発言を繰り返す仕掛け人。
今度は左のお客様に同意を求めます。
 
左に座っていた女性客も同意するどころか先ほどの女性客と一緒になって
アナタは間違っている。ここで働く人はみんな良い人だわ」と言い聞かせます。
 
 
知らない人のために涙を流して意見することができるって素晴らしいことですね。
 
 
 
 

3組目のターゲット
せっかくの休日を邪魔されてイライラ!

3組目のターゲットもアジア人に対する差別的発言が始まるとすぐに辞めるよう声を掛けていましたね。
 
アジア人女性が理解出来ているか出来ていないかは関係なく「私が不愉快だから辞めろ」と何度も説明します。
 
 
せっかくの週末に嫌な気分になってどうしても許せないようで、仕掛け人から飛び出した差別的発言を並べて力強く抗議していました。
 
 
今回のモニタリングでは全てのターゲットの皆さんが仕掛け人に対し間違っていると指摘していました。
 
それほどまでにあの仕掛け人の態度は酷いものだったのですが、そこに同意する人が現れなくて本当に良かったです。
 
What Would You Do? では、悲しいことに差別的発言に称賛を送る一般の方もたまに出てしまいます。
 
そんな時はもちろんモザイクでその方々の顔は隠されるのですが、今回は全員が差別的発言を否定する方ばかりで一安心でした。
 
 

海外の反応!
youtubeおもしろコメント!

 
 

She is definitely a good actor, I got so angry.
-彼女は最高の女優だわ。本当にイライラしたもの。

 
まったくの同感です。
 

I would so stand up for the Korean woman.
Make it right.

-私なら絶対に韓国の女性のために立ち上がるわ!正しいことをしなくっちゃ!

 
 
 

we got a female Donald trump here.
-女性版ドナルドトランプがいるよ

 
 
 

I’ve actually seen this happen before, my mother ended up speaking up against the rude woman.
-私も同じような場面に出くわしたことがあるの。その時は最終的に母がその態度の悪い女性に発言したわ

 
こちらのコメントにはたくさんの「いいね」ボタンが押されていました。
やはり実際にもこんなことがあるんですね。
 
 

I think the best scene was when she went to one of the customer and speak English fluently.
-僕が思うベストシーンは、差別女性が出ていった後に彼女が流暢に英語を話すところだ。

 
 
コメント欄ではやはり差別的発言をする女優さんについて「ムカつく!」などの意見が目立ちました。
 
 

まとめ!

さぁ今回のシュチュエーションはいかがでしたか?
 
モニタリングと分かっていても差別を受けている人を見ているのは気分が悪くなるものです。
 
 
 
また面白いモニタリングを見つけたら更新します!
皆さんも他の動画も是非見てみてくださいね!
 

 

英語を学びたいあなたへ italki

 
 

 - ハマるドキュメンタリー!What Would you do?