日本語字幕:もしも子どもを狙う不審者がいたら!アメリカ版モニタリング!

      2017/12/18

 

【Hulu】

 


What Would You Do?(WWYD)
〜こんなときアナタならどうする?〜

WWYDはアメリカのABC Newsが製作する「モニタリング」のようなドッキリ番組です。ただ、「モニタリング」や日本のドッキリ番組と違うのは、内容がかなり過激な社会派問題を取り扱っているというところ!

差別や宗教、DV、貧困、男女間トラブルに子どもの躾!
アメリカの社会問題が身近で起こったら 周りの人々はどのような行動を起こすのか。隠しカメラで一般人のリアクションを楽しむ番組です。

面白い内容から少しダークな問題まで取り扱うこの番組!
私も留学中は毎日のように見て興奮していたのを覚えています!笑

トラブル間でしか使わない英単語やもしもの時に使えるフレーズなどもあるのでぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

 
 

WWYD?
もしも子どもを狙う不審者がいたら!

 
今回は、衝撃的な映像から。
フロリダで起きた誘拐事件の連れ去り時の映像です。
アメリカでは毎年たくさんの子どもたちが誘拐されています。
 
そんな社会問題に取り組むために今回は公園に隠しカメラを仕掛けました。
 
 

仕掛け人
・ベビーシッター
・幼児ケイティ
・怪しい男

 
 
ターゲットは公園で自分の子どもたちを遊ばせている保護者達です。
 
 
まず、仕掛け人のベビーシッターがケイティに「トイレに行ってくるからそこで待ってて」と言い残しケイティを一人ブランコに残し行ってしまいます。
 
 

その後、怪しい男がケイティに近づき話しかけます。
 
僕の犬がいなくなっちゃったから、一緒に探してくれない?
 
 
ケイティは悩みながらも男に手を取られ一緒に行ってしまいそうです。
 
さぁこんな時アナタならどうする?
 
 
周りの人々の反応を見てみましょう!
 

ここから先はネタバレになるので動画を見てから読んでくださいね! !

 
 

修羅場!?
ターゲットの方々の反応!

 

1人目のターゲット
勇敢に立ち向かう強いママ!

 
 
最初のターゲットはケイティの隣のブランコで男の子2人を遊ばせていたママ。
 
 
怪しい男が近づいてきた時点ですぐに警戒し始めます。
 
 
怪しい男がケイティに手を伸ばした瞬間すぐに
 
行っちゃだめよ。ベビーシッターが戻るまでそこで待ちなさい
 
と優しく声をかけます。
 
怪しい男に対しては
 
そこにいる人に警察を呼んでもらうわよ。さっさと行きなさい
と追い払います。
 
 
記者のJohn Quinonesが来た時には
 
小さい子はみんなで守らなきゃ。私の子どもたちの時にもそうしてもらいたいしね
と語っていました。
 
 
怪しい男をすぐに判断し、立ち向かうことのできる頼もしいママでした。

 
 
 

2人目のターゲット
絶対行かせない!パパの判断力!

 
続いてのターゲットはケイティと同じ年くらいの娘を持つパパ。
 
こちらも怪しい男がブランコの横に座っている時点で警戒しています。
 
 
ケイティと話しているのを見るとすぐに怪しい男に話しかけて追い払います。
 
それでもしつこくケイティを呼ぶ男。
 
 
ケイティが犬を探そうと立ち上がった瞬間パパはケイティを呼び止めなんと自分の娘を紹介したのです。
 
 
さらに
ベビーシッターが来るまで娘のサラと遊んであげてくれないか
 
とお願いしたのです。
 
 
これには専門家も大絶賛でしたね。
 
とっさに機転のきくパパでした。
 
 
 
 

3人目、4人目のターゲット
身なりなんて関係ない!警察を呼ぶぞ!

 
続いてのターゲットの前に今度は仕掛け人の怪しい男の身なりを変えてみる作戦です。
 
 
先ほどまでの怪しさあふれ出る男とは打って変わって綺麗目の格好をした俳優で再度モニタリングです。
 
 
ところが、身なりを変えても公園で女の子に話しかける男は怪しいもの。
 
 
近くで子どもを遊ばせていたパパも、孫を連れていたおじいちゃんもすぐに異変に気付いて「警察を呼ぶぞ! 」と不審者を追い払いました。
 
 
 

5人目のターゲット
知り合いとわかるとためらう人続出!

 
次はさらに設定を変えての実験です。
 
 
先ほどと同じ身なりの良い俳優がケイティのご近所さんで顔見知りという設定です。
 
 
初めは怪しい男を警戒してケイティを助けに向かう方も、ケイティの「知り合いだし、少しだけなら大丈夫だと思う」という一言で行かせてしまいます。
 
 
誘拐が成功してしまいました。
 
 
さらに、2日間の実験で50人のターゲットのうち、ケイティを守るために行動した人はたったの12人であったという結果が出てしまいました。
 
 
悲しいですが、もし知り合いだったらと思うとむやみに警察なんて呼べないですよね。
 
もし本当に知り合いだったとしたらとんでもなく失礼になりますから。
 
 
 

動画に出て来た
日常会話で使える英語のフレーズ!

それでは今回のWhat would you do? にはどのような英語フレーズが飛び出したでしょうか!
 
 
 

Leave her alone!
-彼女を放っておきなさい!

 
 
 
これは映画のセリフなんかでもよく耳にしますね。
 
 
Leave me alone!
-私を一人にして!構わないで!
などでも使えます。
 
 
 


I will call tha police!
Call 911!

-通報するぞ!

 
 
What would you do? ではお馴染みのフレーズです。
 
アメリカで警察に通報する時は911に電話をして下さいね!
 
 
 

is that a fact?
-それが真実か?

 
 
嘘を見破るときにも使えそうです。
 
 
 

that’s exactly my point.
-それが私の言いたいことだ!

 
このフレーズは日常会話でもよく使います。
 
 
that’s my point!!
-そうそう!それが言いたかったの!!
 
 
 

これでアナタも海外での修羅場に立ち向かえる英語力が身についたね!

 
 
 

まとめ!

さぁ今回のシュチュエーションはいかがでしたか?
 

自分になって置き換えてみると行動を起こせた人々は、すごく勇気のある方々だったと思います。
 

今回も通報されるシーンがありましたが、What would you do?ではシリアスなモニタリングも結構多いため、いくつかの動画で通報シーンを目にします。
 
 
番組側もそれを見越して、ロケをするときには事前に警察に通報が入る可能性を伝えているようなのです。
 
 
すごい大掛かりな番組ですよね。
 
 
 
以上!
What would you do?もしも子どもを狙う怪しい男がいたら?でした!
他にもたくさん面白い動画があるのでぜひ見てみてくださいね!
 
 

【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

 
 

 - ハマるドキュメンタリー!What Would you do?